サトウキビ|商品化事例|受託加工・受託製造・製品化・商品化(OEM・PB)  

健康茶・食品加工・農産物加工・濃縮飲料・粉末加工・ティーバッグ・スティック加工・インスタント・顆粒・錠剤

TOP > 商品化事例一覧 > 詳細:サトウキビ

商品化事例

事例詳細 :【穀物】 サトウキビ

「サトウキビ」の特徴
黒砂糖
テンサイと並ぶ砂糖の原料。起源はニューギニア島とその近くの島々といわれ、世界各地の熱帯、亜熱帯地域で広く栽培されています。日本では主に沖縄県と奄美群島を中心に栽培されており、世界最北端の商業栽培地は香川県、徳島県となっています。生産主要国はブラジルで、年間4億トン以上を生産しています。茎の隨を生食したり、搾った汁を製糖その他食品化学工業や工業用エタノール製造の原料とするなど様々な利用がされています。また、近年ではバイオエタノール原料として注目されており、植物燃料としての開発も行われています。絞り汁を加熱して水分を蒸発させたものを冷やして固めたものが黒糖で、ザラメや蜂蜜を混ぜたものは加工黒糖と呼ばれています。

具体的な商品例
鹿児島産一番絞り黒糖鹿児島県産の有機栽培で作ったサトウキビを抽出する際に出る、はじめの純度の高い液体のみを黒糖に固形化した、高純度、高品質の国産黒砂糖です。精製にも厳重な品質管理が行われ、検査を通過した原料のみを使用しております。
黒酢入り黒糖国内産の純粋な黒糖に、自社にて独自精製をしたお酢を配合し、健康的に糖分を摂取できるよう精製した商品としました。黒酢の酸味を抑え砂糖の代替としても機能するように配合された甘味が長年好評を頂いております。
商品化作物の紹介
ご購入は
加工技術の紹介
お問い合わせ

オールライフサービス
会社概要プライバシーポリシー
〒437-0016 静岡県袋井市葵町2-1-12
メールでのお問い合わせはこちら