オレンジ|商品化事例|受託加工・受託製造・製品化・商品化(OEM・PB)  

健康茶・食品加工・農産物加工・濃縮飲料・粉末加工・ティーバッグ・スティック加工・インスタント・顆粒・錠剤

TOP > 商品化事例一覧 > 詳細:オレンジ

商品化事例

事例詳細 :【くだもの】 オレンジ

「オレンジ」の特徴
オレンジ
インド原産で日本には明治時代に伝来しました。現在の主産国はアメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア、メキシコなど。日本ではネーブルオレンジが広島や和歌山、静岡などで栽培されています。国内の流通品はほぼ輸入品で、アメリカのカリフォルニア産がほとんどを占めています。大きな品種としては2種類に分かれており、「スイートオレンジ」と「ビターオレンジ」。後者にはダイダイやベルガモッドなどがありビター(苦い)が特徴。その他がスイートオレンジで、その中でも3種に分けられ、普通オレンジ品種、ネーブルオレンジ品種、ブラッドオレンジ品種。ブラッドオレンジは果肉が赤く、イタリアが原産。日本でよく見るものはネーブルオレンジ品種で、普通オレンジと合わせてもっとも栽培されている品種となっています。

具体的な商品例
ドライフルーツ オレンジオレンジの果肉部分を乾燥させて、含有成分をそのまま保存しつつ簡単においしく食べられるようにドライフルーツに仕上げました。甘酸っぱさも香りも凝縮されており、オレンジのおいしさをそのまま食べられます。
商品化作物の紹介
ご購入は
加工技術の紹介
お問い合わせ

オールライフサービス
会社概要プライバシーポリシー
〒437-0016 静岡県袋井市葵町2-1-12
メールでのお問い合わせはこちら