ひまわり|商品化事例|受託加工・受託製造・製品化・商品化(OEM・PB)  

健康茶・食品加工・農産物加工・濃縮飲料・粉末加工・ティーバッグ・スティック加工・インスタント・顆粒・錠剤

TOP > 商品化事例一覧 > 詳細:ひまわり

商品化事例

事例詳細 :【種子】 ひまわり

「ひまわり」の特徴
ひまわり
原産地は北アメリカ。キク科の一年草でニチリンソウとも呼ばれます。紀元前よりインディアンの食用作物として栽培されており、1510年にスペイン人が種を持ち帰り、マドリード植物園にて栽培を始めました。日本には17世紀に伝来しています。種子のほとんどは植物油として利用されており、生産1位のロシアでは年間に600万トンを生産しています。近年ではバイオディーゼル、エンジン用の燃料としてヒマワリ油を利用する研究も行われています。また、煎ったり乾燥させたりすることで、種子を食用として利用することが出来、乾燥した種子は生薬としても利用されていました。また、小動物のえさとして流通されています。

商品化に向けて

加工・生産技術
  1. 粉砕
  2. 乾燥
  3. 抽出
  4. 焙煎
  5. 殺菌
具体的な商品例
フライサンフラワーシードヒマワリの種の中身を取り出し酢揚げした、食用加工した種です。国内で有機栽培で育てました食用の種子のみで生産製造しました、おいしくて健康に良い高品質な商品をお届けしています。
商品化作物の紹介
ご購入は
加工技術の紹介
お問い合わせ

オールライフサービス
会社概要プライバシーポリシー
〒437-0016 静岡県袋井市葵町2-1-12
メールでのお問い合わせはこちら