カボチャ|商品化事例|受託加工・受託製造・製品化・商品化(OEM・PB)  

健康茶・食品加工・農産物加工・濃縮飲料・粉末加工・ティーバッグ・スティック加工・インスタント・顆粒・錠剤

TOP > 商品化事例一覧 > 詳細:カボチャ

商品化事例

事例詳細 :【野菜】 カボチャ

「カボチャ」の特徴
カボチャ
南北アメリカ大陸原産。通説としては国名の「カンボジア」から由来しているとされています。北アメリカでは「パンプキン」は果皮がオレンジ色のカボチャのみを指し、日本で流通している緑色のカボチャは「squash(スクウォッシュ)」と言うため注意。現在の主要生産国は中国、インドなど。日本では北海道が産地です。明治時代からの風習で、冬至にカボチャを食べる、アメリカなどではハロウィンにオレンジ色のカボチャの中身をくりぬいて観賞用のランタンを作るなど、昔から親しまれているお野菜です。ビタミンAが非常に豊富で、かつサツマイモと同様にデンプンを糖に変える酵素を含んでおり、収穫直後よりも1ヶ月程度経ったものが糖化のピークで食べごろになります。

具体的な商品例
フライパンプキンシード一定の大きさ以上のカボチャの種を素揚げし、パンプキンシードとして加工しました。果肉と同様にビタミンや食物繊維に優れていて、含有成分をそのままつまんで食べられるナッツのような商品として提供しております。
商品化作物の紹介
ご購入は
加工技術の紹介
お問い合わせ

オールライフサービス
会社概要プライバシーポリシー
〒437-0016 静岡県袋井市葵町2-1-12
メールでのお問い合わせはこちら