トウモロコシ(コーン)|商品化事例|受託加工・受託製造・製品化・商品化(OEM・PB)  

健康茶・食品加工・農産物加工・濃縮飲料・粉末加工・ティーバッグ・スティック加工・インスタント・顆粒・錠剤

TOP > 商品化事例一覧 > 詳細:トウモロコシ(コーン)

商品化事例

事例詳細 :【穀物】 トウモロコシ(コーン)

「トウモロコシ(コーン)」の特徴
トウモロコシ(コーン)
中国名:玉蜀黍(ギョクベイジュ)、学名 Zea mays、イネ科の一年生植物。世界三大穀物の一つ。穀物・食料や家畜の飼料、デンプン(コーンスターチ)や油、バイオエタノールの原料とあらゆる面で利用価値が高い。また、髭のような長い糸状のものは雌しべで、ナンバン毛と呼ばれお茶にして飲むことも可能。中国では漢方薬として使用され、利尿作用に効果、血熱を冷ます効果が期待される。(参照:中国本草図録)

商品化に向けて

加工・生産技術
  1. 粉砕
  2. 乾燥
  3. 焙煎
  4. 殺菌
具体的な商品例
トウモロコシ、種子乾燥フライパン等で熱するとポップコーンに。粉にして主食にも。
ナンバン毛トウモロコシの雌しべの乾燥したもの。お茶に煎じて飲む。
商品化作物の紹介
ご購入は
加工技術の紹介
お問い合わせ

オールライフサービス
会社概要プライバシーポリシー
〒437-0016 静岡県袋井市葵町2-1-12
メールでのお問い合わせはこちら